【体験談】「他人」とシェアハウスするメリット・デメリット【男女10名】

2019 6/21

最近シェアハウスってよく聞くけど、実際どうなの?2つのシェアハウスを経験し、現在もシェアハウス中の私が、体験に基づいてそのメリット・デメリットをお伝えします。

目次

まず、シェアハウスには2種類ある

シェアハウスはざっくり分けて2種類に分別されます。

それは、シェアする相手が「友人」か「他人」かです。

今回は「他人」とシェアハウスする際のメリットデメリットについてお話していきます。


「友人」とシェアハウスをするメリット・デメリットについて興味がある方は、こちらの記事をどうぞ。

【体験談】「友人」とシェアハウスするメリット・デメリット【男性2人版】


「他人」とシェアハウスをするメリット

  1. 固定費が安い
  2. 新しい出会いがある
  3. 嫌になったらすぐ引っ越せる

(1)固定費が安い

これはどのシェアハウスにも共通することなのですが、一番のメリットです。

基本的に一人暮らしより家賃が安いので、単純にお金が浮きます。

ここで注意したいのが、電気ガス水道Wi-Fi代は安くありません。ただ使い放題というメリットもあります。

過去に三軒茶屋で男女10人のシェアハウスに入居していた私が、1か月の固定費内訳をご紹介します。

  • 家賃(自室5畳・駅徒歩1分):63,000円
  •  
  • 共益費(電気・ガス・水道・Wi-Fi):12,000円(定額)

 合計:75,000円


これが高いか安いかについて解説していきます。

一人暮らしの家賃、電気・ガス・水道代、Wi-Fi代の平均額と比較していきましょう。

  • 家賃(1K):98,000円(三軒茶屋の相場です。)
  •  
  • 電気・ガス・水道代:9817円
  •  
  • Wi-Fi代:4000~5000円

 合計:約110,000円


つまり一人暮らしと比較すると約3.5万円ほど安く暮らせていることになります!

これは年間にすると、約42万円です。ちょっとした事業なら立ち上げ資金にはなりそうです。

(2)新しい出会いがある

運営会社が募集を出しているシェアハウスは、平均で7人、最大で100人の入居が可能な物件です。

他人とシェアハウスをしようと考える人は、「普段関わらない人と仲良くなりたい!」と思っている人が多いです。

週末にリビングでパーティーを開いたり、積極的に同居人と交流しようとします。運営会社がパーティーを開いてくれるところもあります。

「他人」とのシェアハウスは自然と新しい出会いが生まれる環境です。

そこでの出会いが、仕事に繋がったということはよく聞きます。最近では、シェアハウスで出会った人と結婚したという方もちらほら聞きますね。

普段関わらないはずの人と出会えるのは、人生においてとても素晴らしいことだとは思いませんか?

(3)嫌になったらすぐ引っ越せる

シェアハウスは短期入居できるところが多いです。3か月以上が多いと思いますが、中には1か月から入居可能なところもあります。

入居してから、「イメージと違った。」「知らない人と住むのが無理だった。」というのはよくある話です。実際に私をギャップ感じ、3か月で退去しました。

通常の1人暮らしを考えると、2年契約の物件が多いので、契約期間内の解約は解約金が発生してしまいます。

シェアハウスに興味のある方は、まずお試し感覚で入居してみるというのも1つの手だと思います。


「他人」とシェアハウスをするデメリット

  1. 同居人を選べない
  2. バスルーム・トイレ・洗濯機が混む
  3. そこまで安くない

(1)同居人を選べない

結局はこれにつきます。

シェアハウスで不満を感じる一番の原因は、「入居者同士のトラブル」です。

いくつか具体例をあげます。「夜中にうるさい」「共用部を片づけない」「タバコ」「私物がなくなる」「友人を勝手に泊まらせる」などの問題ですね。

全員がルールを守ればこのような問題は起きませんが、先述したように平均で7人の入居者がいますので、少なくとも1人はルールが守れない人がいます。もしかするとあなたがその1人かもしれません。

友人なら注意しやすいのですが、仲良くない人に注意するのは勇気がいりますし、そもそも誰がやったのか分からないこともあります。また、注意しても改善しない場合などは、毎日かなりのストレスが溜まっていきます。

神経質な方には向いていません。一人か、友人、家族と住みましょう。

(2)バスルーム・トイレ・洗濯機が混む

シェアハウスあるあるですね。大体7名程度のシェアハウスであれば、バスルーム・トイレ・洗濯機は2個ずつあることが多いです。実家でも兄弟が多い人などは分かるかと思いますが、とにかく混みます。朝なんか最悪です。

寝坊して会社に遅刻しそうな時に、トイレ・洗面台が空いてないときは絶望します。実際に私もコンビニで用を足したり、歯磨きしたことが何度かあります。

(3)そこまで安くない

せまくてぼろい、駅から遠いアパート1人でに住む方が安いです。

シェアハウスの運営にはお金がかかってますので、その分家賃・共益費も利益が出る価格に設定されています。友人と二人で住むタイプならその分のお金が浮きますが、「一緒に住んでくれる友人探し」と「シェアハウス可能な物件探し」は結構コストが高いです。

「別に新しい出会いなんていらないけど、都会に安く住みたいんだ。」という方には向いてないですね。

メリット(1)で、家賃相場9.8万円(1K)とご紹介しましたが、ワンルーム・5畳・築50年・駅徒歩20分とかで良ければ、都心でも4万円くらいで借りれます。結論、何に重きを置くかです。



いかがでしたでしょうか。シェアハウスを考えている方の参考になれば幸いです。

ちなみに私は以下のサイトで物件探しをしました。

コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中

画像

業界最大手のサイトで、シェアハウスの詳しい情報も載っているので、参考になります。

住みたい場所の家賃相場を調べてみると、イメージが湧きやすいです!

画像 画像

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。



【参考】

【エイブル】牛込神楽坂駅(東京都)周辺の一人暮らし向け賃貸|私立法政大学受験生・学生の一人暮らし向け賃貸アパート・マンション・不動産お部屋探し情報サイト【エイブル進学応援部】(牛込神楽坂駅

一人暮らしの電気代、平均はなんと〇〇円?! 電気・ガス・水道代の合計は? | 社会人のお金の知識 | 貯金・節約 | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

このWiFiがおすすめ!速くて使い放題。一番安いのは? – 自宅でインターネット

シェアハウスの人数って、何人がいいの?平均人数は? | 九州と関東にあるシェアハウスひだまり

関連記事

コメント

コメントする

目次